DSC_0402.JPG
三井恵理佳 
Erika Kathleen Mitsui

1992年、ニューヨーク生まれ、3歳からバイオリンを始める。
10歳でジュリアード音楽院のプレカレッジに入学。ロナルド・コープス(ジュリアード・カルテット)、グレン・ディクテロウ(ニューヨークフィルハーモニー、コンサートマスター)に師事。
2011年ジュリアード・プレカレッジを卒業。卒業時、同校より、アチーヴメント・アワードを受賞。

現在、コロンビア大学に在学し、ジュリアード音楽院でバイオリンを専攻。

2008年、ジュリアード・プリカレッジ、コンチェルトコンペティションで優勝し、同校オーケストラと共演。これまでに、AMTLコンクール(ニューヨーク市)、グリニッチヴィレッジオーケストラ・コンペティション優勝をはじめ、ニュージャージーフィルハーモニー・コンペティション、フォートコリンズ・ヤングアーティストコンペティション等に入賞、オーケストラと共演する。

2011年、全米から5000人に及ぶ高校3年生が参加したヤングアート・クラシック音楽部門の優勝者に選ばれ、マイアミで行われたヤングアートウィークに招待され、演奏。

ジュリアード音楽院で毎年ソロリサイタルを開催、同校ポール・ホール、モール・ホールで演奏。
同校の室内楽の演奏会にも多数出演、ポール・ホール、モース・ホール、アリスター・ホール、ピータージェーシャープシアターで演奏。
ジュリアード・プリカレッジオーケストラではコンサートマスターを務める。

2009年、ジュリアード音楽院フォーカスフェスティバルに出演。

2009年春、小沢征爾のオーディションを受け、同年8月サイトウキネン室内楽勉強会と松本のサイトウキネンフェスティバルに参加。以来毎年、室内楽勉強会(現 小澤国際室内楽アカデミー奥滋賀)に参加。2013年も招待されている。奥滋賀森の音楽堂、松本文化会館、石橋メモリアルホールで演奏。

2010年、リンカーンセンター・チャンバーミュージックソサエティーのコンサートに出演。

2012年夏、ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン(カジモト主催)に参加。室内楽とオーケストラのコンサートに出演。
よこはま みなとみらい大ホール、小ホール、はまぎんホール、紀尾井ホールで演奏。

ウィーンマスターコース、モーツアルテウムサマーアカデミー(オーストリア)、クールシュベールサマーコース(フランス)、アンギアンマスターコース(ベルギー)、ドボルブニクマスターコース(クロアチア)、ミシュコルツマスターコース(ハンガリー)、オッティンゲンマスターコース(ドイツ)、マークトオーバードルフ サマーアカデミー(ドイツ)等、ヨーロッパのマスターコースに参加し、ザハール・ブロン、イゴール・オジム、ドンスク・カーン、ステファン・ピカール、ミハエラ・マーチン氏に学ぶ。それぞれのマスターコース終了時には、優等生に選ばれ、オーストリア、ハンガリー、ベルギー、フランス、ドイツ各地でのコンサートに出演する。

2012年3月、シャルロッテ・ホワイト氏の主催するサロン・ド・ヴィルトーゾに招待され、ニューヨークの日本大使公邸でソロリサイタルをする。

2011年、2012年、2013年、WMPランチタイムコンサートシリーズに招待され、ストラディバリウスでソロリサイタル。

2012年春、カーネギーホールとジュリアード音楽院のアンサンブルACJWの演奏会に出演(カーネギー・ザンケルホール)。

2011年より、コロンビア大学クラシカルパフォーマンス、コロンビア・ジュリアードコンサート、ハーバード大学とコロンビア大学共催の室内楽コンサート等にたびたび出演。

2012年10月 サロン・ド・ヴィルトーゾよりモニーク・ショーエン・ワルシャウ キャリアグラントを受賞。スタインウエイホールで行われた受賞記念コンサートで演奏。その時の演奏がWQXR(FM)のYoung Artist Showcaseで放送される。

2013年3月 ジャパンソサエティーにおいて東日本大震災2周年のコンサートに出演。震災のがれきを使って製作されたバイオリンで演奏。